病院臨床に従事する臨床家「ダノン」が仕事、趣味、心理学全般を味わってみます。 それなりにのんべんだらりと書きますが、なんていうか、こころなしかクリニカル。

お気に入り 

当ブログについて 

#1:誹謗・中傷する内容と管理人が判断したものは削除いたします    

#2:リンクフリーですが、相互リンクしたいで、できれば1コメント残してくださいね。

プロフィール 

≪メール≫            danoneo_oアットyahoo.co.jp      ※アット=@変更で

ダノン

Author:ダノン

お仕事:病院臨床に従事する心理士です。  音楽、酒、フットサル、ダイエットを基本とした生活を送っております。  とりあえず、新車が欲すぃ。

最近の記事+コメント 

最近のコメント

最近のトラックバック 

カレンダー 

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ 

カテゴリー 

ダノンの本棚 

おすすめ MyShop

臨床心理学・精神医学
精神分析系
認知療法・認知行動療法
発達障害関係
診断・尺度・アセスメント
ブリーフセラピー・家族療法・システムズ・アプローチ
統計・研究
 by G-Tools

認知療法・認知行動療法 

認知療法・認知行動療法


認知療法・認知行動療法カウンセリング初級ワークショップ―CBTカウンセリング

いやはや、あっぱれです。CBTを知らずに語ることなかれ。


DVD 認知療法・認知行動療法カウンセリング 初級ワークショップ


認知療法・認知行動療法面接の実際[DVD]

高い…けどいいよ


認知療法実践ガイド基礎から応用まで―ジュディス・ベックの認知療法テキスト

分厚い…でも分かりやすい!


認知行動アプローチと臨床心理学―イギリスに学んだこと

最近のイギリスの動向をしっかり掴みましょう。


統合失調症の認知行動療法

「症状」に注目した認知行動療法の功績


エビデンス臨床心理学―認知行動理論の最前線

認知行動療法を学ぶならこのテキストは必需品


子どもと若者のための認知行動療法ワークブック―上手に考え、気分はスッキリ

分かりやすいが、認知行動療法の体系を知ってからの方がよいのでは

心理臨床本(尼存) 

カウンター 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

 

 トラバに感謝。トラバーユっこのダノンとしては(違うから!)嬉しい限りです。気持ちをいただいた気がして、感謝申し上げます。


 おっと、いつもの出だしを忘れてた。


 鼻血で献血できるなら、かなりの人助けができると思われるダノンです。ちなみに、医療用「蚊」の開発にはかなり期待しています。それなら私、血をあげちゃう。



 さて、以前に私が書いた 知療法・認知行動療法のいいところについて寄せられたすえぞうさんの


ケースがおわった後になんか悶々とする気持ちが残っていたときとかに,
結構コラムに似たようなことをしている自分がいます.
しかも,それをSVにもってったりして・・・www

意外にそれを教えてくれたのは,
うちの師匠の僕に対する修論指導だった気がします.


という、めっさファンキーなコメに私がイカ臭く突っ込みました


おぉ、もう少し詳しく聞きたいですな。
修論自体が認知療法に絡むことだったのか、
あるいは修論指導時も臨床を意識したものだったのか。

 ちなみに私は後者で、修論指導の時も常に臨床を意識したトレーニングを受けました。ちょっとした仕草さえも注意され、その無意識的意味を考えるよう指導されましたwww


 これについて、一見放置プレイを見せかけて(嘘よん)、熱いエントリしてくれて、あ~、ヨガ・フレイム!(←古!)


 ありがとうございます。




 すえぞうさんはすえぞうさんにとって素晴らしい指導者にであったようですな。ここで「すえぞうさんにとって」というところがミソですわ。主観的体験が大切です、指導者とは(持論ラモ)。


 そんな中で、自分自身の行動に対して「なぜそうしたか」「なぜそうなったか」ということを説明することを求められたわけですね。その営みの中で自分の行動を起こした認知・感情などを客観的に理解していったんだというように捉えました。


 結局のところ、(自分にとって)腕のいい指導者は自分を見つめることを促すのだと思います。分析であっても、認知であっても、行動であっても。それはまた苦しい体験だったりもします。だって、分析でいえば苦痛な体験を避けるために防衛が働くんだから。その防衛を点検し、奥にある感情や認知を見ていくとき、depressiveな体験も付随してくることが多いです(これは私の体験ね。すえさんはここまで言ってない)。


 自分の行動の意味を考えていく。そしてその行動を説明する。さらには自分の行動に責任を取る。指導のステップがそのまま臨床に生きる糧になっているのだろうとお察しします。


 ちっとずれるのですが、「なぜそうしたか」「なぜそうなったか」ということを説明するということはそのまま対クライエントにも当てはまるものですね。専門家である以上、自分の介入について説明できるひつようがあるわけで、逆に言えば説明できないようなことをやっているのならアカウンタビリティに応えることができないわけですね。


 また、自分なりに説明できるからこそ評価が出来る。評価が出来るからこそ次の介入につながるという一連の臨床の流れを作れるわけなんだと思います。また、説明ができることでSVや事例検討で有意義な検討ができるのでだと思います(えーっと、えっとーでは深まらない)。


 さらに話がずれますと、「△△で○○した」と説明できるながれというのはそっくりそのまま研究にも当てはまるのですね。問題があり、根拠をしめした上で方法を取る。そして結果が出て、その考察を行なう。臨床ではさらにその考察を受けて再び問題を設定し、方法(介入)を行い…


 臨床と研究が同様の思考を求められると言うのはこういうことなんだと思います。


 さて、たっぷり話がずれました。


 1つ確信を深めたのは、すえさんも私が述べた


「自分がクライエントやケース自体に対してどのように思っているか、感じているか、自分の関わりはどうなのかを常にモニタリングする習慣」


「全てを意味のある情報として捉える姿勢」


 をすえさんも大切に思っていたということ。


 このあたりのことを論理的に説明してくださり、さらに勉強になりました。また同時に思ったのは、こういった姿勢はアプローチを問わず、臨床において共通して重要なことなのだろうということです。


 偽物のCBT実践家もいるかもしれませんが,あくまでそれは一部であり本当の実践家もいらっしゃるのだと言うことだけは伝えておきたいと思います.


 私が見てきた認知行動療法家によって膨らんだ過度の一般化は修正されつつあります。ありがとうございますです。


 やはりCBTの技法をきっちりと修めた指導者にSVを受けて,はじめて出来るようになるものだと考えます.


 この辺については悩みどころです。クライエントへの迷惑を考えればきちんとした認知療法家のSVを受けて実施するのはごもっともだと思うのです。ただ、物理的に指導を受けることが難しく、ワークショップなどへの参加くらいしか出来にくい人の場合はどうでしょうか。やるべきではないといった感じでしょうか、それとも「きちんとした認知療法はできないよ」という意味でしょうか。もし時間があればこのへんもお考えをお聞かせ願えればと思います(パスも大いにありです、お付き合いしてくださる気になったらと言うことで)。


 ともあれ、あがりた亜紀!おっつ、ありがとうございました!

スポンサーサイト
2006/08/31 21:48|心理臨床TB:0CM:6

コメント


長文・駄文のエントリに対して
すっごくすっきりした文章で答えて頂いてありがとうございました!!

>すえぞうさんはすえぞうさんにとって素晴らしい指導者にであったようですな。

ホントにありがたいことにそのようです.そんでもって,「すえぞうにとって」というのはホントにミソだと思いますw
自分でも断言できるんですよ.あの師匠に出会えたから,今の自分があるってことが.でも,だノンさんのおっしゃるとおり,あくまでこれは主観的経験!!

ダノンさんの指摘されたことってね,よく聞くんですよ.で,そのたびに「そんなことないのに・・・(;´Д`)ウウッ… 」って思うのと同時に「自分の関わり方はどうなんだろ?」と身が引き締まるんですね.

>こういった姿勢はアプローチを問わず、臨床において共通して重要なことなのだろうということです。

このことについては,同意です.
というか,そう遠くない過去に行動療法系のある先生とお話をさせて頂いたときに,
「技法の前に身につける治療者としての姿勢がある.それがないのに技法も何もないだろ?」とおっしゃっていました.
まさにダノンさんの指摘された事ができていないのに,認知療法・行動療法など意味がないと言うことだと思います.

さてさて,また新しい宿題を仰せつかってしまいました.足りない頭で考えて見たいと思います.

ペンは燃えないかもしれないけれど・・・俺の頭とタイプが燃えるぜ!!!(意味不明)
すえぞう #-|2006/08/31(木) 22:20 [ 編集 ]


>すえぞうさん

 丁寧なコメント、本当にありがとうございます。

>身が引き締まる

 とのことですが、私もこうしたエントリを書きながら自戒しています。そういう意味でも昨日書いた「ブログを書く意味」があります。

 それから、「技法以前に姿勢」は非常に重要な点だと思います。結局、そこをトレーニングの過程でどれくらいしっかりやれるかということが重要であり、同時にこの仕事についている限りは点検し続けないといけないところだとも思います。

>さてさて,また新しい宿題を仰せつかってしまいました.足りない頭で考えて見たいと思います.
ペンは燃えないかもしれないけれど・・・俺の頭とタイプが燃えるぜ!!!(意味不明)

 パルプンテ!

 何が起きたか分からないくらい意味を掴み損ねました…しっかし、とりあえず、「へのつっぱりはいらんですよ!」というメッセージは伝わりました(伝えてねえか)。

 もし気が向いたらで結構です。ブログが閉鎖しない限り、いつまでも待ちます。待ち焦がれます。町亜聖!
ダノン #vqgsHqYA|2006/08/31(木) 23:32 [ 編集 ]


>苦痛な体験を避けるために防衛が働くんだから。その防衛を点検し、奥にある感情や認知を見ていく

CBTで言ったら,自分で気づいていない自動思考をつかまえて,その根拠と矛盾点を見つけて,自動思考と感情のつながりに気づくっていうプロセスと
同じですね。

なんか,今まで分析系ってようわからんって思ってたけど,ダノンさんの説明見てちょっぴり分かったような気になりました。
関係ないコメントですみませんです。
izugaeru #-|2006/09/01(金) 13:19 [ 編集 ]


>izugaeruさん

 こちらこそ勉強になりました。認知行動療法の分野でも同じようなプロセスがあるんですね。

 分析では「転移・逆転移」ということが治療上、非常に重要になってくるので、自分自身の(無意識を含めて)感じていること、考えていること、それらに対する防衛について目を向けざるをえないため、トレーニングの過程ではこのあたりに目を向けるよう促されます。

 恐らく分析をよ~わからん人ってたくさんいらっしゃると思うんです。私自身もまだまだ学んでいる途中ですのでまだまだですが。

 お互いに勉強しあえるといいですね。
ダノン #vqgsHqYA|2006/09/02(土) 21:12 [ 編集 ]


>こちらこそ勉強になりました。認知行動療法の分野でも同じようなプロセスがあるんですね。

この辺て,対象にもよりますが,ぶっちゃけ,やってることって,学派がそれぞれ別々の概念でラベル付けしてるだけなんじゃないかと思います。CBTは,それを誰でも了解可能なような言葉,概念になるべくしようとしてるから,建設的な議論が出来て研究が盛んになってるだけで。

たとえば,小生のブログの過去エントリで↓のような論文を紹介してます。
http://blog.livedoor.jp/izugaeru/archives/50363295.html

その中でLivesley (2005)はpersonality disordersへの心理療法のメタ分析の結果から,分析系,CBT系の心理療法について,「どっちも効果あるんだからそれぞれの良い側面を取り出して組み合わせて使った方がproductiveだと」いうようなことを言うてます。結局,そうした効果研究でgoodだった心理療法は,学派がどちらのオリエンテーションであっても似たような所が多かったらしいです。
izugaeru #-|2006/09/03(日) 15:49 [ 編集 ]

コメありがとうございます
v-91
>izugaeruさん

>学派がそれぞれ別々の概念でラベル付けしてるだけなんじゃないかと思います。

 うんうん、これは大いにありますね。

>CBTは,それを誰でも了解可能なような言葉,概念になるべくしようとしてるから,建設的な議論が出来て研究が盛んになってるだけで。

 確かに。このあたりはCBTの功績ともいえるかもしれませんね。

>分析系,CBT系の心理療法について,「どっちも効果あるんだからそれぞれの良い側面を取り出して組み合わせて使った方がproductiveだと」いうようなことを言うてます

 なるほど~。このあたりって、成田善弘が「精神療法家の仕事」にも書いておりましたが、力のあるセラピストは結局のところ、面接が似通うということがあるようです。このあたりは私のブログ記事「セラピストのメンタルヘルス」にも書かせていただきました。
 「どちらのよい面も~」というのは聞けば「そうだよな」と思うのですが、中途半端な折衷になってしまっては仕方がないように思います。   izugaeruさんのブログでもやりとりさせていただきましたが、やはり、やるからにはそのセラピーのことをしっかり学んでからよいところを用いたいものですよね。
ダノン #vqgsHqYA|2006/09/08(金) 21:33 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kokoronashika.blog47.fc2.com/tb.php/98-d2677c94

お勧め本です 

セラピストの仕事―心理面接の技術
セラピストの仕事―心理面接の技術
精神分析という営み―生きた空間をもとめて
精神分析という営み―生きた空間をもとめて
Cognitive Behavior Therapy for Psychosis: Theory and Practice (The Wiley Series in Clinical Psychology)
Cognitive Behavior Therapy for Psychosis: Theory and Practice (The Wiley Series in Clinical Psychology)
妄想はどのようにして立ち上がるか
妄想はどのようにして立ち上がるか

Blog Ranking  

人気blogランキングへ

いけてるブログ・HP 

臨床心理学・精神医学 

臨床心理学・精神医学


こころの治療薬ハンドブック


精神科面接マニュアル 第2版

予診とるならこんな本


自傷行為―実証的研究と治療指針


臨床面接のすすめ方―初心者のための13章

基本をおさえましょう

精神分析系 

精神分析系


ころんで学ぶ心理療法―初心者のための逆転移入門

イニシャルケースは成功するって?


精神療法家の仕事―面接と面接者

臨床家のメンタルヘルス…


セラピストの仕事―心理面接の技術

まず読むべしです。必ず役立ちます!


心理療法家の言葉の技術―治療的なコミュニケーションをひらく

これは、いいぜ。「言葉」一つで効果的な介入になるか、はたまた抵抗を強めるか

発達障害系 

発達障害関係


高機能自閉症・アスペルガー症候群入門―正しい理解と対応のために




少年A 矯正2500日全記録

心理専門書ではありませんが


軽度発達障害の心理アセスメント―WISC‐3の上手な利用と事例


LDラベルを貼らないで!―学習困難児の可能性

診断・尺度・アセスメント 

診断・尺度・アセスメント


カプラン臨床精神医学テキストDSM‐IV‐TR診断基準の臨床への展開


DSM‐IV‐TRケースブック


DSM‐IV‐TRケースブック「治療編」


心理測定尺度集〈1〉―人間の内面を探る“自己・個人内過程”


心理測定尺度集〈2〉人間と社会のつながりをとらえる“対人関係・価値観”


心理測定尺度集 (3)

ブリーフセラピー・家族療法・システムズ・ 

ブリーフセラピー・家族療法・システムズ・アプローチ


家族内パラドックス


よくわかる!短期療法ガイドブック


事例で学ぶ家族療法・短期療法・物語療法


セラピーをスリムにする!―ブリーフセラピー入門


物語としての家族

読んでらっせー 研究 

統計・研究


数学が苦手な人のための多変量解析ガイド―調査データのまとめかた

これは本当におすすめ!


臨床心理・精神医学のためのSPSSによる統計処理

さぁ使ってみようSPSS


すぐわかる統計用語

あぁ?と思ったら読んでみるといいですよ


グラフィカル多変量解析―AMOS、EQS、CALISによる 目で見る共分散構造分析

これもAMOS使うときにどうぞ


Q&A 心理データ解析

中レベルからハイレベルに


SPSS完全活用法―共分散構造分析(Amos)によるアンケート処理

AMOS使うときの入力から出力の見方に参考になるなる


誰も教えてくれなかった因子分析―数式が絶対に出てこない因子分析入門

字がちっこくて読みづらいけど内容はvery good!

RSS登録用 

Copyright(C) 2006 こころなしかクリニカル All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。