病院臨床に従事する臨床家「ダノン」が仕事、趣味、心理学全般を味わってみます。 それなりにのんべんだらりと書きますが、なんていうか、こころなしかクリニカル。

お気に入り 

当ブログについて 

#1:誹謗・中傷する内容と管理人が判断したものは削除いたします    

#2:リンクフリーですが、相互リンクしたいで、できれば1コメント残してくださいね。

プロフィール 

≪メール≫            danoneo_oアットyahoo.co.jp      ※アット=@変更で

ダノン

Author:ダノン

お仕事:病院臨床に従事する心理士です。  音楽、酒、フットサル、ダイエットを基本とした生活を送っております。  とりあえず、新車が欲すぃ。

最近の記事+コメント 

最近のコメント

最近のトラックバック 

カレンダー 

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ 

カテゴリー 

ダノンの本棚 

おすすめ MyShop

臨床心理学・精神医学
精神分析系
認知療法・認知行動療法
発達障害関係
診断・尺度・アセスメント
ブリーフセラピー・家族療法・システムズ・アプローチ
統計・研究
 by G-Tools

認知療法・認知行動療法 

認知療法・認知行動療法


認知療法・認知行動療法カウンセリング初級ワークショップ―CBTカウンセリング

いやはや、あっぱれです。CBTを知らずに語ることなかれ。


DVD 認知療法・認知行動療法カウンセリング 初級ワークショップ


認知療法・認知行動療法面接の実際[DVD]

高い…けどいいよ


認知療法実践ガイド基礎から応用まで―ジュディス・ベックの認知療法テキスト

分厚い…でも分かりやすい!


認知行動アプローチと臨床心理学―イギリスに学んだこと

最近のイギリスの動向をしっかり掴みましょう。


統合失調症の認知行動療法

「症状」に注目した認知行動療法の功績


エビデンス臨床心理学―認知行動理論の最前線

認知行動療法を学ぶならこのテキストは必需品


子どもと若者のための認知行動療法ワークブック―上手に考え、気分はスッキリ

分かりやすいが、認知行動療法の体系を知ってからの方がよいのでは

心理臨床本(尼存) 

カウンター 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

 

 姉さん事件です!ってほどのことでもないか。「申し訳ございません(マサノブ風)」


 専門職大学院の一着は九州大学でした。


 さておすぎは…


 ※13:40くだらない内容を追記




 ピーコです!


 はい。


 19年度の専門職大学院申請に動きありです。って、みんな知ってた?このHG、おっつ、HPをご覧になってくださいまし。


 なんたって注目は東海大学の「組込み技術研究科 組込み技術専攻」でしょう!こんな私を美女の集まりに組み込んで欲しいものです。


 さてさてう~む、ついに急増した臨床心理士養成指定大学院の中で、更なる生き残り合戦におきまして、専門職大学院への移行が進む女官。巨漢。


 ここでですね、とある大学院の専門職大学院の構想をHPで見てみたのですよ。すると…「修論提出の代わりに、2年間の事例研究をまとめた事例研究総括レポートを提出」とあるではないですか。


 どんだけすごい事例研究レポートを書き上げるのか…イメージイメージ。


 一般的な指定校大学院の修論レベルでやられている事例研究とどう違ってくるかなぁ。単なる事例研究のわけないですよね、単一事例にとどまるわけもないか…。無作為割賦対照試験は無理だとしても、対照試験とかやってくれるんでしょうね。そりゃあ、事例研究で修了する専門職なんだからそうでしょ(絶対無理)。


 ぜひ、日本の臨床心理士の未来のために、エビデンスを積み重ねていっていただきたいと思います。そのために一躍買ってくれるものと信じております。対照試験などではデータが揃えばメタアナリシス行って効果測定をするわけですが、当然統計もばりばりやると思われます。そうなれば当然学会等での発表になると思われますので、論文ある程度は書け…あれ?


 結局私の考え方だと詰まるところ、研究が必要になってくるなぁ。ってその前に、修士レベルで事例研究をしようということ自体がため息ものです。だって、臨床初学者がどうして研究になりうる臨床を行えましょう。ベースができてないのに。。。


 


 気を取り直して。イメージイメージ。


 臨床の現場で高度な能力を発揮する専門職学位課程の修了生たち。様々な悩みを抱える方に最善の対応をするため、最先端の研究の動向をつかみ…あれ?ここでも研究を読みこなす力が必要になるなぁ。


 


 いやいや、盛り上がってまりました。


 この流れ、どうする、どうするよ>日本臨床心理士会ならびに資格認定協会。


 4本柱の一本である「研究」を掲げておきながら、「事例研究総括レポート」でございますが。矛盾がございませよう、お願いいたします。


 


 と、まぁ嫌味たらしく書きましたが、要は臨床心理士バブルははじけているのにも関わらず(需要と供給のアンバランス拡大中)、臨床心理士になりたいニーズは依然として強いので、臨床心理士指定校は増加の一途であります。受験料も大事な収入源よね。


 しっかし、そうなってきて受験生の数が各大学院に若干均等化してくると、受験料の収入源も減ってくる。さて、そうなると話題性だったり、カリキュラムで他との差別化を図る必要が出てくるわけですな。これは仮説のひとつですが、そういうこともあって専門職学位課程は大学側にとっての魅力なのではないでしょうか。


 さて、日本の臨床心理養成、いよいよ大変な曲がり角にさしかかろうとしている感じです。世界の臨床心理士養成において専門職学位課程ってどのくらいあるんだろう。School Psychogyでは聞いたことあるけど。少なくとも、アメリカ、イギリスとは方向性が異なってきているようですね。

スポンサーサイト
2006/08/15 11:52|大学院関連TB:0CM:2

コメント


私は以前から
「専門職大学院は臨床心理士制度にとどめを刺す」と
主張してきております。

専門職大学院=臨床心理士の質の決定的な低下~こんな大学院はダメダメだ!Vol4
http://blog.rote.jp/2005/09/03-023015.php

気になる「アレ」の件。南の方の「アレ」
http://blog.rote.jp/2006/03/15-124532.php

もうダメですよ。ダメ。

> 専門職学位課程は大学側にとっての魅力なのではないでしょうか。

それ以前に受験生にとってこの上なく魅力的なものなのでしょう。研究しなくていいし。

市ねって感じです。
ロテ職人 #d18ftdk2|2006/08/15(火) 12:35 [ 編集 ]


>ロテ職人さん

 コメントありがとうございます。

>それ以前に受験生にとってこの上なく魅力的なものなのでしょう。研究しなくていいし。

 確かに。そうですよねぇ。気持ちは分りますよ、“研究やらなくてすむ”というのもあれば、“臨床だけをじっくりやれるから実力がつく”っていうような大きく分けて2つの思いがあっても当然だなと思います。

 もうダメですね…。大きな矛盾を抱えてしまいました。
ダノン #vqgsHqYA|2006/08/15(火) 12:49 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kokoronashika.blog47.fc2.com/tb.php/81-3318da91

お勧め本です 

セラピストの仕事―心理面接の技術
セラピストの仕事―心理面接の技術
精神分析という営み―生きた空間をもとめて
精神分析という営み―生きた空間をもとめて
Cognitive Behavior Therapy for Psychosis: Theory and Practice (The Wiley Series in Clinical Psychology)
Cognitive Behavior Therapy for Psychosis: Theory and Practice (The Wiley Series in Clinical Psychology)
妄想はどのようにして立ち上がるか
妄想はどのようにして立ち上がるか

Blog Ranking  

人気blogランキングへ

いけてるブログ・HP 

臨床心理学・精神医学 

臨床心理学・精神医学


こころの治療薬ハンドブック


精神科面接マニュアル 第2版

予診とるならこんな本


自傷行為―実証的研究と治療指針


臨床面接のすすめ方―初心者のための13章

基本をおさえましょう

精神分析系 

精神分析系


ころんで学ぶ心理療法―初心者のための逆転移入門

イニシャルケースは成功するって?


精神療法家の仕事―面接と面接者

臨床家のメンタルヘルス…


セラピストの仕事―心理面接の技術

まず読むべしです。必ず役立ちます!


心理療法家の言葉の技術―治療的なコミュニケーションをひらく

これは、いいぜ。「言葉」一つで効果的な介入になるか、はたまた抵抗を強めるか

発達障害系 

発達障害関係


高機能自閉症・アスペルガー症候群入門―正しい理解と対応のために




少年A 矯正2500日全記録

心理専門書ではありませんが


軽度発達障害の心理アセスメント―WISC‐3の上手な利用と事例


LDラベルを貼らないで!―学習困難児の可能性

診断・尺度・アセスメント 

診断・尺度・アセスメント


カプラン臨床精神医学テキストDSM‐IV‐TR診断基準の臨床への展開


DSM‐IV‐TRケースブック


DSM‐IV‐TRケースブック「治療編」


心理測定尺度集〈1〉―人間の内面を探る“自己・個人内過程”


心理測定尺度集〈2〉人間と社会のつながりをとらえる“対人関係・価値観”


心理測定尺度集 (3)

ブリーフセラピー・家族療法・システムズ・ 

ブリーフセラピー・家族療法・システムズ・アプローチ


家族内パラドックス


よくわかる!短期療法ガイドブック


事例で学ぶ家族療法・短期療法・物語療法


セラピーをスリムにする!―ブリーフセラピー入門


物語としての家族

読んでらっせー 研究 

統計・研究


数学が苦手な人のための多変量解析ガイド―調査データのまとめかた

これは本当におすすめ!


臨床心理・精神医学のためのSPSSによる統計処理

さぁ使ってみようSPSS


すぐわかる統計用語

あぁ?と思ったら読んでみるといいですよ


グラフィカル多変量解析―AMOS、EQS、CALISによる 目で見る共分散構造分析

これもAMOS使うときにどうぞ


Q&A 心理データ解析

中レベルからハイレベルに


SPSS完全活用法―共分散構造分析(Amos)によるアンケート処理

AMOS使うときの入力から出力の見方に参考になるなる


誰も教えてくれなかった因子分析―数式が絶対に出てこない因子分析入門

字がちっこくて読みづらいけど内容はvery good!

RSS登録用 

Copyright(C) 2006 こころなしかクリニカル All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。