病院臨床に従事する臨床家「ダノン」が仕事、趣味、心理学全般を味わってみます。 それなりにのんべんだらりと書きますが、なんていうか、こころなしかクリニカル。

お気に入り 

当ブログについて 

#1:誹謗・中傷する内容と管理人が判断したものは削除いたします    

#2:リンクフリーですが、相互リンクしたいで、できれば1コメント残してくださいね。

プロフィール 

≪メール≫            danoneo_oアットyahoo.co.jp      ※アット=@変更で

ダノン

Author:ダノン

お仕事:病院臨床に従事する心理士です。  音楽、酒、フットサル、ダイエットを基本とした生活を送っております。  とりあえず、新車が欲すぃ。

最近の記事+コメント 

最近のコメント

最近のトラックバック 

カレンダー 

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ 

カテゴリー 

ダノンの本棚 

おすすめ MyShop

臨床心理学・精神医学
精神分析系
認知療法・認知行動療法
発達障害関係
診断・尺度・アセスメント
ブリーフセラピー・家族療法・システムズ・アプローチ
統計・研究
 by G-Tools

認知療法・認知行動療法 

認知療法・認知行動療法


認知療法・認知行動療法カウンセリング初級ワークショップ―CBTカウンセリング

いやはや、あっぱれです。CBTを知らずに語ることなかれ。


DVD 認知療法・認知行動療法カウンセリング 初級ワークショップ


認知療法・認知行動療法面接の実際[DVD]

高い…けどいいよ


認知療法実践ガイド基礎から応用まで―ジュディス・ベックの認知療法テキスト

分厚い…でも分かりやすい!


認知行動アプローチと臨床心理学―イギリスに学んだこと

最近のイギリスの動向をしっかり掴みましょう。


統合失調症の認知行動療法

「症状」に注目した認知行動療法の功績


エビデンス臨床心理学―認知行動理論の最前線

認知行動療法を学ぶならこのテキストは必需品


子どもと若者のための認知行動療法ワークブック―上手に考え、気分はスッキリ

分かりやすいが、認知行動療法の体系を知ってからの方がよいのでは

心理臨床本(尼存) 

カウンター 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

 

 槇原敬之の「花水木」を聞くとなぜか泣けてくるダノンです。










花水木 花水木
A・cappellers 槇原敬之 小倉博和


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 さて、こんばんは認知療法・認知行動療法のいいところについてです。


 以前、 知行動療法から入る  とか ういっちょ認知行動療法  で記事を書きましたが、そのときはどちらかというと認知行動療法をオリエンテーションにしようと思っていらっしゃる方を想像して書きました。


 内容的にもどちらかというと危惧について書いたのですが、今日はいいところ。




 ちなみに私のオリエンテーションは何かと聞かれれば「分析的アプローチです」と答えます。


 さて、私が思うには、認知行動療法のいいところは、エビデンスどうのこうのはさておき、“セラピストが自分を見つめる(セラピーする)のに使える!”というところがいいなと思います。こう書くと、「一人でできるわけねーだろ」と言われそうな自動思考が働くわけですが…自動思考の同定など、訓練することは多いですが、それでも初学者でも自分を見つめることに使いやすいです。それは認知行動療法の理論的枠組みのおかげだと思います。


 セラピストだって普通の人間なので、たくさん課題はありましょ。少なくとも私はいろいろとありますよ。


 私の恩師は「自分で自分をスーパービジョンできること」の重要性をよく語っておりました。これはどういうことかというと、SVを受けるのは重要なんですが、所詮数時間。そこで扱えることもわずかなんですね。そうなると、扱えないたくさんの課題をどうするかということになるわけです。そうなると、自分が自分をどうスーパービジョンしていくかということが重要になるというのです。ここでいうスーパービジョンは教育分析的な意味合いを含みます。


 分析的アプローチのトレーニングの中でも嫌と言うほど自分を突きつけられますが、自分一人だと頭の中でぐるぐると考えが回ってしまい、深みにはまってしまうことがありました。それはそれで意味があることだと思うのですが、自分の中でめぐることに自分自身が距離を持つことって結構難しい(転移解釈など、第3の自分を育てることって分析では非常に重要ではありますが)。


 そこで認知行動療法なんですが、理論的に客観的に捉えやすい枠組みを持っているため。客観的に自分を見つめるのにとても有益です。もちろん、分析でも自分で箱庭をやったり、コラージュをしたりと表現し、それを再び取り込むことはできることには出来るのですが、それだと解釈の際の主観性をコントロールするのが難しい。


 認知行動療法の目的の中に「自分で自分のセラピーをできるようになる」といったものがありますが、それはセラピストにも当てはまるわけですね。


 実際に自分自身をアセスメントしてみると、その日のイライラから自分が陥っている悪循環をつかめたりして、結構楽しい。私の経験的な意見として、書き出すことで客観化できることが大きいと思います。


 さらにこうして自分が使うことのもたらす意味は他にもあって、セラピストもクライエントの間で嫌でも作り出される「援助する側」「援助される側」の差異を縮めることにもなると思います。


 セラピストもクライエントも同じ人間というラインを常に頭に入れておくことが重要だと私は思っています。これって当たり前のことなんだけど、どっかで「援助を受けることにはならない」「私はクライエントにはならない」と思っているセラピストって少なくないと思うのです。どこかで“クライエントとは違う”って思う気持ちがあると、やはり臨床の細部に出ると思うので、気をつけねばと自戒しております。



 だらだら書きましたが、認知行動療法、単純に面白い。

スポンサーサイト
2006/08/14 21:52|心理臨床TB:2CM:4

コメント

よくやりますw
ケースがおわった後になんか悶々とする気持ちが残っていたときとかに,
結構コラムに似たようなことをしている自分がいます.
しかも,それをSVにもってったりして・・・www

意外にそれを教えてくれたのは,
うちの師匠の僕に対する修論指導だった気がします.
すえぞう #-|2006/08/18(金) 12:13 [ 編集 ]

おぉ
>すえぞうさん

 おひさしぶりぶりです!

>意外にそれを教えてくれたのは,
うちの師匠の僕に対する修論指導だった気がします.

 おぉ、もう少し詳しく聞きたいですな。
修論自体が認知療法に絡むことだったのか、
あるいは修論指導時も臨床を意識したものだったのか。

 ちなみに私は後者で、修論指導の時も常に臨床を意識したトレーニングを受けました。ちょっとした仕草さえも注意され、その無意識的意味を考えるよう指導されましたwww
ダノン #vqgsHqYA|2006/08/18(金) 21:36 [ 編集 ]


ダノンさんこんにちは.

長らく放置して申し訳ありませんでした.
ダノンさんのリコメントへのお返事を
エントリしてみました.

えらくgdgdな文章になってしまっておりますが,
よかったらご一読ください.

最近自分を振り返ってばかりww
でも,良い経験です.マジで.
すえぞう #-|2006/08/31(木) 17:39 [ 編集 ]

ありがとうございます
>すえさん

 何が嬉しいってね、体験を書いてくださっていることもさることながら、すえさんのエントリから「思い」が伝わるとこなんだよね。
 
 私も思うところを書いてみました。

 お付き合い、ありがとうございました。
ダノン #vqgsHqYA|2006/08/31(木) 22:15 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

夏休みの宿題(と勝手に思ってみた)
いまさらなんだけどダノンさんの宿題に答えてみる以下引用おぉ、もう少し詳しく聞きたいですな。修論自体が認知療法に絡むことだったのか、あるいは修論指導時も臨床を意識したものだったのか。 ちなみに私は後者で、修論指導の時も常に臨床を意識したトレーニングを受けま
末々草(すえ思う故にすえあり) 2006/08/31(木) 17:36

研究テーマと指導歴のお話
少し前置きが複雑になるけど,ダノンさんのブログ"こころなしかクリニカル"の8月14日のエントリ"認知療法・認知行動療法のいいところ" のコメント欄で,>  おぉ、もう少し詳しく聞きたいですな。> 修論自体が認知療法に絡むことだったのか、&gt
臨床心理学徒生態誌 2006/09/01(金) 18:26

トラックバックURLはこちら
http://kokoronashika.blog47.fc2.com/tb.php/80-49d4831b

お勧め本です 

セラピストの仕事―心理面接の技術
セラピストの仕事―心理面接の技術
精神分析という営み―生きた空間をもとめて
精神分析という営み―生きた空間をもとめて
Cognitive Behavior Therapy for Psychosis: Theory and Practice (The Wiley Series in Clinical Psychology)
Cognitive Behavior Therapy for Psychosis: Theory and Practice (The Wiley Series in Clinical Psychology)
妄想はどのようにして立ち上がるか
妄想はどのようにして立ち上がるか

Blog Ranking  

人気blogランキングへ

いけてるブログ・HP 

臨床心理学・精神医学 

臨床心理学・精神医学


こころの治療薬ハンドブック


精神科面接マニュアル 第2版

予診とるならこんな本


自傷行為―実証的研究と治療指針


臨床面接のすすめ方―初心者のための13章

基本をおさえましょう

精神分析系 

精神分析系


ころんで学ぶ心理療法―初心者のための逆転移入門

イニシャルケースは成功するって?


精神療法家の仕事―面接と面接者

臨床家のメンタルヘルス…


セラピストの仕事―心理面接の技術

まず読むべしです。必ず役立ちます!


心理療法家の言葉の技術―治療的なコミュニケーションをひらく

これは、いいぜ。「言葉」一つで効果的な介入になるか、はたまた抵抗を強めるか

発達障害系 

発達障害関係


高機能自閉症・アスペルガー症候群入門―正しい理解と対応のために




少年A 矯正2500日全記録

心理専門書ではありませんが


軽度発達障害の心理アセスメント―WISC‐3の上手な利用と事例


LDラベルを貼らないで!―学習困難児の可能性

診断・尺度・アセスメント 

診断・尺度・アセスメント


カプラン臨床精神医学テキストDSM‐IV‐TR診断基準の臨床への展開


DSM‐IV‐TRケースブック


DSM‐IV‐TRケースブック「治療編」


心理測定尺度集〈1〉―人間の内面を探る“自己・個人内過程”


心理測定尺度集〈2〉人間と社会のつながりをとらえる“対人関係・価値観”


心理測定尺度集 (3)

ブリーフセラピー・家族療法・システムズ・ 

ブリーフセラピー・家族療法・システムズ・アプローチ


家族内パラドックス


よくわかる!短期療法ガイドブック


事例で学ぶ家族療法・短期療法・物語療法


セラピーをスリムにする!―ブリーフセラピー入門


物語としての家族

読んでらっせー 研究 

統計・研究


数学が苦手な人のための多変量解析ガイド―調査データのまとめかた

これは本当におすすめ!


臨床心理・精神医学のためのSPSSによる統計処理

さぁ使ってみようSPSS


すぐわかる統計用語

あぁ?と思ったら読んでみるといいですよ


グラフィカル多変量解析―AMOS、EQS、CALISによる 目で見る共分散構造分析

これもAMOS使うときにどうぞ


Q&A 心理データ解析

中レベルからハイレベルに


SPSS完全活用法―共分散構造分析(Amos)によるアンケート処理

AMOS使うときの入力から出力の見方に参考になるなる


誰も教えてくれなかった因子分析―数式が絶対に出てこない因子分析入門

字がちっこくて読みづらいけど内容はvery good!

RSS登録用 

Copyright(C) 2006 こころなしかクリニカル All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。