病院臨床に従事する臨床家「ダノン」が仕事、趣味、心理学全般を味わってみます。 それなりにのんべんだらりと書きますが、なんていうか、こころなしかクリニカル。

お気に入り 

当ブログについて 

#1:誹謗・中傷する内容と管理人が判断したものは削除いたします    

#2:リンクフリーですが、相互リンクしたいで、できれば1コメント残してくださいね。

プロフィール 

≪メール≫            danoneo_oアットyahoo.co.jp      ※アット=@変更で

ダノン

Author:ダノン

お仕事:病院臨床に従事する心理士です。  音楽、酒、フットサル、ダイエットを基本とした生活を送っております。  とりあえず、新車が欲すぃ。

最近の記事+コメント 

最近のコメント

最近のトラックバック 

カレンダー 

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ 

カテゴリー 

ダノンの本棚 

おすすめ MyShop

臨床心理学・精神医学
精神分析系
認知療法・認知行動療法
発達障害関係
診断・尺度・アセスメント
ブリーフセラピー・家族療法・システムズ・アプローチ
統計・研究
 by G-Tools

認知療法・認知行動療法 

認知療法・認知行動療法


認知療法・認知行動療法カウンセリング初級ワークショップ―CBTカウンセリング

いやはや、あっぱれです。CBTを知らずに語ることなかれ。


DVD 認知療法・認知行動療法カウンセリング 初級ワークショップ


認知療法・認知行動療法面接の実際[DVD]

高い…けどいいよ


認知療法実践ガイド基礎から応用まで―ジュディス・ベックの認知療法テキスト

分厚い…でも分かりやすい!


認知行動アプローチと臨床心理学―イギリスに学んだこと

最近のイギリスの動向をしっかり掴みましょう。


統合失調症の認知行動療法

「症状」に注目した認知行動療法の功績


エビデンス臨床心理学―認知行動理論の最前線

認知行動療法を学ぶならこのテキストは必需品


子どもと若者のための認知行動療法ワークブック―上手に考え、気分はスッキリ

分かりやすいが、認知行動療法の体系を知ってからの方がよいのでは

心理臨床本(尼存) 

カウンター 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

 

 あー、連休っていいねぇ。リビングでもずくを食べて書いています。もずくってあたりがいいでしょ?


 ナカータの引退は1週間以上経った今でも余韻を残していますな。


 ナカータについては「続けて欲しい」とか、「男の美学だ」とか様々な反応があるようです。私としては「そもそも中田のワールドカップを巡る一連の言動」が気になっています。


 ところで私なんですが、そーです、変なオジさんです。


 ではなくて、これでも小学校から大学までサッカーを、大学院以降はフットサルをやってきましたので、「さっかー いず まい らいふ」でございます。


 小学校、中学校は大したこともなく、個人的に地域の選抜チームにないったくらいでしたが、高校の時には1年でレギュラーを獲得し、県で強豪校になりました。私自身も広域地域の選抜チームにも選ばれ、チームでも部長をやっていました。


 今では浦和や柏、横浜といったJリーグで活躍する選手たちと実際に身体をぶつけ合って戦ってきました。


 まぁ関係のない話をしてしまったのですが、中学校の時には選抜チームで韮崎に遠征したことがありましたので、中田の故郷の空気を吸っていたことになりますねぇ。




 あくまでマスコミや著書からの情報に過ぎない点を考慮してお読みいただけると幸いです。


 中田選手のすごいところは一貫性だと思います。発言にしても、行動にしても、同じことを繰り返し忠実に行い、人に厳しさを要求する代わりに自分自身にも厳しさを要求する。そういった部分は本当に強い自我をもった方だと思います。


 彼は高校の時からイタリア語を学んでいたようです。そうした明確なビジョンを描いて行動をしていくあたりも彼の長けているところでしょう。


 ところで彼は日本代表に対して一貫して、厳しさを求めてきました。ワールドカップを決め、帰国したときの記者会見では「このチームは本大会で勝ち抜けるだけの力はまだない」と言い切りました。


 彼は厳しく、現実的な視点を提供することでチームに危機感を与え、更なる実力の向上を狙っていたのでしょう。


 時折彼は厳しい言葉を投げかけることに関して「僕が嫌われてチームが強くなるのならそれでいい」といったことをマスコミに漏らしていました。彼としては自分が厳しさを周囲に求め、たとえ嫌われる、煙たい存在であったとしてチームが強くなればいいと考え、「偽悪者」とも思えるような存在でいようとしたのでしょう。


 そんな彼を見て、そしてワールドカップを振り返り、国民の多くは彼の生き方に共感しているような印象を受けます。



 でも、ちょっと待って。


 彼はそうやって振舞っていたようだけど、結果を見れば強くなっていない。ベストパフォーマンスを出せていないじゃない。


 彼はこの先の日本のためにプレーしていたわけじゃないと思います。彼は引退を決めていたのだから、この大会で結果を残したいと思っていたはず。そんな彼の振舞いは果たして望ましかったのか。


 彼の語ることは筋が通っていて、論理的だ。だけど、彼がよく口にする「プロなんだから」という言葉を借りれば、プロなんだから結果が全てなのではないだろうか。


 サッカーは11人だけでなく、スタッフ、サポーターを含めて決着がつく。だから彼一人の力でどうこう出来た問題ではないと思う。でも、少なくとも彼は「俺が嫌われてチームが強くなるのなら」と言っていたのだから、チームに対する影響力を持っていることを自覚し、効力感も持っていたことになる。


 彼は結果を残すために振舞ってきて、結局結果を残せなかったわけで、私はそれを考えると「一貫性」は評価できるけど、「生き方」を賞賛する気にはならない。


 彼は柔軟性を欠いていたのではないか。彼は世界を知っているし、世界的な評価も受けている。それをどうチームに還元するかという段階で彼は適切な術を持たなかったのではないかと思う。


 彼がワールドカップ出場決定を決めて凱旋したときのコメントや、ドイツと引き分けた後でのマルタ戦での一言。チームに対する不満をメディアに発信することは、彼にとってはチームへの危機感をもたらす狙いがあったのだと思うが、そういったことがどれだけ効果的だったか。


 また、彼はどこまでバカになれたか」ということ。はっきりいって、彼の理論に対抗できるだけの選手がどれだけいただろうか。


 これは憶測100%なのだが、彼ほど論理的な人に対して論を対抗できないと、「いいたいことを言え」といわれても学習性無力感のような状態になってしまい、結局「何を言っても通らない」といった状況になってしまわないだろうか。


 彼がブラジル戦の後にセンターサークルに寝そべって涙を浮かべる場面が何度もTVに映される。だけど、私はそれを見る度に「宮本以外の選手は誰も側に行かねーじゃん」と思って寂しくなってしまう。


 結局、彼は信念を持ってやっていたけど、それだけではうまくいかないこともあるのだと思った。


 彼は周囲に、彼のスタンダードに合わせることを望んだ。それは、スタンダードをことあるごとに提示し、危機感を持たせ、各自の意識、彼の言うところの「気持ち」によってレベルを上げてもらおうとした。


 しかし、彼が周囲のレベルに降りて、そこから底上げを図っていくようなやり方の方が短期的には効果的だったのではないかと思う。もちろん、長期的な視点に立てば今回の結果や彼の発言の意味はプラスに変えていける可能性を十分に持っていると思うけど。


 「プロ」であることを周囲に求める彼に、今回の大会についての彼自身の「プロ」としての結果を問いたい。

スポンサーサイト
2006/07/17 16:58|サッカーTB:0CM:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kokoronashika.blog47.fc2.com/tb.php/53-1d496cb9

お勧め本です 

セラピストの仕事―心理面接の技術
セラピストの仕事―心理面接の技術
精神分析という営み―生きた空間をもとめて
精神分析という営み―生きた空間をもとめて
Cognitive Behavior Therapy for Psychosis: Theory and Practice (The Wiley Series in Clinical Psychology)
Cognitive Behavior Therapy for Psychosis: Theory and Practice (The Wiley Series in Clinical Psychology)
妄想はどのようにして立ち上がるか
妄想はどのようにして立ち上がるか

Blog Ranking  

人気blogランキングへ

いけてるブログ・HP 

臨床心理学・精神医学 

臨床心理学・精神医学


こころの治療薬ハンドブック


精神科面接マニュアル 第2版

予診とるならこんな本


自傷行為―実証的研究と治療指針


臨床面接のすすめ方―初心者のための13章

基本をおさえましょう

精神分析系 

精神分析系


ころんで学ぶ心理療法―初心者のための逆転移入門

イニシャルケースは成功するって?


精神療法家の仕事―面接と面接者

臨床家のメンタルヘルス…


セラピストの仕事―心理面接の技術

まず読むべしです。必ず役立ちます!


心理療法家の言葉の技術―治療的なコミュニケーションをひらく

これは、いいぜ。「言葉」一つで効果的な介入になるか、はたまた抵抗を強めるか

発達障害系 

発達障害関係


高機能自閉症・アスペルガー症候群入門―正しい理解と対応のために




少年A 矯正2500日全記録

心理専門書ではありませんが


軽度発達障害の心理アセスメント―WISC‐3の上手な利用と事例


LDラベルを貼らないで!―学習困難児の可能性

診断・尺度・アセスメント 

診断・尺度・アセスメント


カプラン臨床精神医学テキストDSM‐IV‐TR診断基準の臨床への展開


DSM‐IV‐TRケースブック


DSM‐IV‐TRケースブック「治療編」


心理測定尺度集〈1〉―人間の内面を探る“自己・個人内過程”


心理測定尺度集〈2〉人間と社会のつながりをとらえる“対人関係・価値観”


心理測定尺度集 (3)

ブリーフセラピー・家族療法・システムズ・ 

ブリーフセラピー・家族療法・システムズ・アプローチ


家族内パラドックス


よくわかる!短期療法ガイドブック


事例で学ぶ家族療法・短期療法・物語療法


セラピーをスリムにする!―ブリーフセラピー入門


物語としての家族

読んでらっせー 研究 

統計・研究


数学が苦手な人のための多変量解析ガイド―調査データのまとめかた

これは本当におすすめ!


臨床心理・精神医学のためのSPSSによる統計処理

さぁ使ってみようSPSS


すぐわかる統計用語

あぁ?と思ったら読んでみるといいですよ


グラフィカル多変量解析―AMOS、EQS、CALISによる 目で見る共分散構造分析

これもAMOS使うときにどうぞ


Q&A 心理データ解析

中レベルからハイレベルに


SPSS完全活用法―共分散構造分析(Amos)によるアンケート処理

AMOS使うときの入力から出力の見方に参考になるなる


誰も教えてくれなかった因子分析―数式が絶対に出てこない因子分析入門

字がちっこくて読みづらいけど内容はvery good!

RSS登録用 

Copyright(C) 2006 こころなしかクリニカル All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。