病院臨床に従事する臨床家「ダノン」が仕事、趣味、心理学全般を味わってみます。 それなりにのんべんだらりと書きますが、なんていうか、こころなしかクリニカル。

お気に入り 

当ブログについて 

#1:誹謗・中傷する内容と管理人が判断したものは削除いたします    

#2:リンクフリーですが、相互リンクしたいで、できれば1コメント残してくださいね。

プロフィール 

≪メール≫            danoneo_oアットyahoo.co.jp      ※アット=@変更で

ダノン

Author:ダノン

お仕事:病院臨床に従事する心理士です。  音楽、酒、フットサル、ダイエットを基本とした生活を送っております。  とりあえず、新車が欲すぃ。

最近の記事+コメント 

最近のコメント

最近のトラックバック 

カレンダー 

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ 

カテゴリー 

ダノンの本棚 

おすすめ MyShop

臨床心理学・精神医学
精神分析系
認知療法・認知行動療法
発達障害関係
診断・尺度・アセスメント
ブリーフセラピー・家族療法・システムズ・アプローチ
統計・研究
 by G-Tools

認知療法・認知行動療法 

認知療法・認知行動療法


認知療法・認知行動療法カウンセリング初級ワークショップ―CBTカウンセリング

いやはや、あっぱれです。CBTを知らずに語ることなかれ。


DVD 認知療法・認知行動療法カウンセリング 初級ワークショップ


認知療法・認知行動療法面接の実際[DVD]

高い…けどいいよ


認知療法実践ガイド基礎から応用まで―ジュディス・ベックの認知療法テキスト

分厚い…でも分かりやすい!


認知行動アプローチと臨床心理学―イギリスに学んだこと

最近のイギリスの動向をしっかり掴みましょう。


統合失調症の認知行動療法

「症状」に注目した認知行動療法の功績


エビデンス臨床心理学―認知行動理論の最前線

認知行動療法を学ぶならこのテキストは必需品


子どもと若者のための認知行動療法ワークブック―上手に考え、気分はスッキリ

分かりやすいが、認知行動療法の体系を知ってからの方がよいのでは

心理臨床本(尼存) 

カウンター 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

 

 「私は分かる」というスタンスにたつか、「私はわからない」というスタンスに立つかということはとっても大切なことだと思う。


 私はある時点まで、心理臨床に関して「私にはわかるんだ」というスタンスに立っていた。おハズカシながら。


 でも、「分かる」と思った時点で探求をやめている自分がいた。分かっているつもりになっている自分がいた。


 本当は分かってなかった。


 私たちは明らかになった部分とならない部分を常に頭にいれておくと思う。その中で、「もう分かっている」と思った部分に重要なことがあったりする。


 私はあるとき、初めて分かった気になっていた自分に気づいた。


 自分について気づきを得ることはとても苦しいことだけど、少なくともクライエントのためになると思った。


 「分からない」から私たちは知ることを欲する。分かった気にならないことが飽くなき探究心につながる。そしてそれはクライエントの自己理解につながっていく(いくようにする)。


 「分かる」と「分からない」のスタンスは?似たようなことで


 「できる」と「できない」のスタンスは?


 「へけけ」といえば○○っちゃ○○○ 分かる人は → 人気blogランキングへ

スポンサーサイト
2006/03/03 21:30|心理臨床TB:0CM:6

コメント


基本的に「心」とか「心理」なんてものは絶対にわからんものだと思っています。

でもだからこそ面白いものだとも思っているし、研究もしがいがあるのではないかと思いますよ。
ロテ職人 #-|2006/03/04(土) 15:54 [ 編集 ]


 ロテ職人さんこんにちは。
 
 ロテ職人さんのコメントを十分に理解しているコメントができるか分かりませんが…
 
 研究も臨床も明らかになったこと(これは限定的な意味での“分かる”です)をきちんと頭に入れておくことは次に明らかになっていくと望ましいことに向かうステップとなると思います。

 でも、ロテ職人さんがおっしゃるように、基本的には「心」「心理」は分からないんですよね。

 私もそれが面白いからやっていると思います。特に臨床だと「分かった気」が「決め付け」になってしまうことがあるので要注意だと思っています。

 「分からない」のスタンスは臨床でも研究でもやはり重要だと思います。このあたり、また記事として取り上げて見たいと思います。
ダノン #vqgsHqYA|2006/03/04(土) 16:35 [ 編集 ]


この記事、スキです!
ナルホド #-|2006/05/12(金) 00:59 [ 編集 ]

グアシュ
 ナルホドさん
 どうもありがとうごぜえますだ。書いた甲斐があるってもんです。
端的に表現されるナルホドさん、ステキです。
 好きです、つぼ八。
ダノン #vqgsHqYA|2006/05/27(土) 10:40 [ 編集 ]

賢者は愚者に学び、愚者は・・・
「どのぐらいわからないかがわかる」と、プロとしての第一歩を踏み出した事になる、と仕事でお世話になっていた方に教わりました。

自分がいかに未熟で、その未熟さとはどこに起因し。どのように対処し、成長するか。

それさえできれば後は時間をかけていくだけだと。

数年前のことですが、そんなことを思い出させてもらい、身の引き締まる記事でした。

ありあとあんす。
708 #Usx2/3FI|2006/06/09(金) 21:46 [ 編集 ]

本質をついたことばだと思います
>708さん

>「どのぐらいわからないかがわかる」と、プロとしての第一歩を踏み出した事になる

 井の中の蛙であることに気づくことからですよね。それは自分の力のなさに直面し、とても苦しいことでもありますよね。そこに目を向けること、自分という井戸の深くにある「くさい水」を飲むことが重要なのだと思います。

>自分がいかに未熟で、その未熟さとはどこに起因し。どのように対処し、成長するか。

 このモデルになるのはイチローや中田であるような気もします。自分を適切に評価し、出来ている部分と出来ていない部分を適切に判断すること。「おれはまだまだだ」なんて抽象的なことばではなく、「この点はここまでできているが、この点はこのくらい足らない」というように判断が分化していることが重要なのだと思います。そしてそれを改善するために必要となる努力の質と量を判断し、実践し続けること。これがプロとして重要なのだと思います。

 ことばで言うのは簡単ですが。。。
ダノン #vqgsHqYA|2006/06/12(月) 19:12 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kokoronashika.blog47.fc2.com/tb.php/18-9187c5cd

お勧め本です 

セラピストの仕事―心理面接の技術
セラピストの仕事―心理面接の技術
精神分析という営み―生きた空間をもとめて
精神分析という営み―生きた空間をもとめて
Cognitive Behavior Therapy for Psychosis: Theory and Practice (The Wiley Series in Clinical Psychology)
Cognitive Behavior Therapy for Psychosis: Theory and Practice (The Wiley Series in Clinical Psychology)
妄想はどのようにして立ち上がるか
妄想はどのようにして立ち上がるか

Blog Ranking  

人気blogランキングへ

いけてるブログ・HP 

臨床心理学・精神医学 

臨床心理学・精神医学


こころの治療薬ハンドブック


精神科面接マニュアル 第2版

予診とるならこんな本


自傷行為―実証的研究と治療指針


臨床面接のすすめ方―初心者のための13章

基本をおさえましょう

精神分析系 

精神分析系


ころんで学ぶ心理療法―初心者のための逆転移入門

イニシャルケースは成功するって?


精神療法家の仕事―面接と面接者

臨床家のメンタルヘルス…


セラピストの仕事―心理面接の技術

まず読むべしです。必ず役立ちます!


心理療法家の言葉の技術―治療的なコミュニケーションをひらく

これは、いいぜ。「言葉」一つで効果的な介入になるか、はたまた抵抗を強めるか

発達障害系 

発達障害関係


高機能自閉症・アスペルガー症候群入門―正しい理解と対応のために




少年A 矯正2500日全記録

心理専門書ではありませんが


軽度発達障害の心理アセスメント―WISC‐3の上手な利用と事例


LDラベルを貼らないで!―学習困難児の可能性

診断・尺度・アセスメント 

診断・尺度・アセスメント


カプラン臨床精神医学テキストDSM‐IV‐TR診断基準の臨床への展開


DSM‐IV‐TRケースブック


DSM‐IV‐TRケースブック「治療編」


心理測定尺度集〈1〉―人間の内面を探る“自己・個人内過程”


心理測定尺度集〈2〉人間と社会のつながりをとらえる“対人関係・価値観”


心理測定尺度集 (3)

ブリーフセラピー・家族療法・システムズ・ 

ブリーフセラピー・家族療法・システムズ・アプローチ


家族内パラドックス


よくわかる!短期療法ガイドブック


事例で学ぶ家族療法・短期療法・物語療法


セラピーをスリムにする!―ブリーフセラピー入門


物語としての家族

読んでらっせー 研究 

統計・研究


数学が苦手な人のための多変量解析ガイド―調査データのまとめかた

これは本当におすすめ!


臨床心理・精神医学のためのSPSSによる統計処理

さぁ使ってみようSPSS


すぐわかる統計用語

あぁ?と思ったら読んでみるといいですよ


グラフィカル多変量解析―AMOS、EQS、CALISによる 目で見る共分散構造分析

これもAMOS使うときにどうぞ


Q&A 心理データ解析

中レベルからハイレベルに


SPSS完全活用法―共分散構造分析(Amos)によるアンケート処理

AMOS使うときの入力から出力の見方に参考になるなる


誰も教えてくれなかった因子分析―数式が絶対に出てこない因子分析入門

字がちっこくて読みづらいけど内容はvery good!

RSS登録用 

Copyright(C) 2006 こころなしかクリニカル All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。