病院臨床に従事する臨床家「ダノン」が仕事、趣味、心理学全般を味わってみます。 それなりにのんべんだらりと書きますが、なんていうか、こころなしかクリニカル。

お気に入り 

当ブログについて 

#1:誹謗・中傷する内容と管理人が判断したものは削除いたします    

#2:リンクフリーですが、相互リンクしたいで、できれば1コメント残してくださいね。

プロフィール 

≪メール≫            danoneo_oアットyahoo.co.jp      ※アット=@変更で

ダノン

Author:ダノン

お仕事:病院臨床に従事する心理士です。  音楽、酒、フットサル、ダイエットを基本とした生活を送っております。  とりあえず、新車が欲すぃ。

最近の記事+コメント 

最近のコメント

最近のトラックバック 

カレンダー 

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ 

カテゴリー 

ダノンの本棚 

おすすめ MyShop

臨床心理学・精神医学
精神分析系
認知療法・認知行動療法
発達障害関係
診断・尺度・アセスメント
ブリーフセラピー・家族療法・システムズ・アプローチ
統計・研究
 by G-Tools

認知療法・認知行動療法 

認知療法・認知行動療法


認知療法・認知行動療法カウンセリング初級ワークショップ―CBTカウンセリング

いやはや、あっぱれです。CBTを知らずに語ることなかれ。


DVD 認知療法・認知行動療法カウンセリング 初級ワークショップ


認知療法・認知行動療法面接の実際[DVD]

高い…けどいいよ


認知療法実践ガイド基礎から応用まで―ジュディス・ベックの認知療法テキスト

分厚い…でも分かりやすい!


認知行動アプローチと臨床心理学―イギリスに学んだこと

最近のイギリスの動向をしっかり掴みましょう。


統合失調症の認知行動療法

「症状」に注目した認知行動療法の功績


エビデンス臨床心理学―認知行動理論の最前線

認知行動療法を学ぶならこのテキストは必需品


子どもと若者のための認知行動療法ワークブック―上手に考え、気分はスッキリ

分かりやすいが、認知行動療法の体系を知ってからの方がよいのでは

心理臨床本(尼存) 

カウンター 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

 

 世界樹の葉を探しているダノンです。あまり「調べる」ばかりしていると嫌われる気がします。


 今日は大学院について語ってみようかと思います。




 大学院選びは慎重にやった方がいいと思うけど、どこまで情報を得られるかってことだよな。でも、結構内情を知るのって難しいと思うんだよな。


 一体どんなところを基準に選んだらいいのかって難しいところだと思う。


 私は臨床も研究も同様の論理性、妥当性、思考力を要すると思う。臨床かは自分の介入をきちんと説明できるだけの根拠とそれを説明できる力が必要だから(実際はとても難しい!でもそれがちまたの占いや○○○○○○○カウンセリングと異なるところ)。でも、大学院によってはバランスの悪いところもあると思うんだよな。


 最悪なのはどちらも中途半端なところ。ここだとあまり力がつかない気がする。修論は何でも通ってしまい、臨床はみんな受験資格を得られちゃうようなところ。それくらい優秀な人たちが集まっているなら構わないけど、そうじゃないところもある。これは確信に近い。


 私は基本的に旧帝大と高等師範(筑波+広島)は少なくとも研究に関しては能力の高い人が集まり、そして鍛えられるのだと思う。臨床に関する研究で目にする人の多くは上記の大学の人がほとんどだろう。


 ただ、臨床のトレーニングに関して言えば、上記の大学院がすべて優れているとはいいがたいようにも思う。


 臨床は研究と同様の思考を必要とすると思うが、トレーニングはまた別物と私は考える。


 言ってみれば「修行」ができる場所かどうかが重要だと思う。


 私たちの職は接客業だ。さらに言えば人の人生に関わる接客業だ。接客は基本を学び、それを体験を通して十分のものにしていくのだと思う。その際に厳しさを求められても当然じゃないかと思う。その当然たる厳しさをどこまで求められるかというところが重要なのだと思う。


 修了できない人がいること、ドロップアウトする人がいることは1つの指標にならないか。大学は独立行政法人となり、ビジネスを考慮すればドロップアウトは売りこぼしのようなものだ。それでも辞めていく人がいるということ(これはしっかり情報を得なくてはいけないが)は、大きな指標になると思われる。


 私は上記の大学院以外でもいい大学院はもちろんあると思う。「どのくらい厳しいか」ということを基準にすることが重要だと思う。


 じゃあ、「厳しさ」とは何か。


 修士論文で安易に事例研究を奨励していないか


 論文の内容が不十分で修了できなかった人はいるか


 ケースを持てる基準はあるか。また、なかなかケースを持てずに苦しんでいる人がいるか


 指定校だが2年間の取り組みから臨床心理士の受験資格を得られなかった人がいるか


 などかなぁ。これらは大学院としたらあまり公にしたくないことかもしれない。だから、情報をどう仕入れるかが大事かな。これらのどれか1つでもここ数年間にあるなら、しっかりとやっている可能性があると思います(もちろん、学生の問題が大きい場合もあると思います)。


 いろいろ書いてきましたが、結局は各人次第である部分が多分にあることは言うまでもないこと。


 ちょっと偏っているかもしれませんが、こんな感じです。結局、内情を知ることが大事だね。やっぱり、大学院選びは難しいなぁ。


 上上下下左右左右BA を知っている人は → 人気blogランキングへ→ 

スポンサーサイト
2006/03/01 22:30|大学院関連TB:0CM:2

コメント


はじめまして。

>私は臨床も研究も同様の論理性、妥当性、思考力を要すると思う。臨床かは自分の介入をきちんと説明できるだけの根拠とそれを説明できる力が必要だから

という部分を今、とても実感しています。大学院に入ったものの、大した修論でもないのに、修了出来ることになっています。

けれども、就職は決まっておりません。面接の度に自分の、思考能力や論理的に話す能力の無さを痛感しており、面接官の方々は見る目があるのでしょう、ことごとく落ちております。

大学院生として(自分を棚に上げて)言うならば、指導が不十分であるように思います。私としては「適当な修論」程度の能力のまま、社会に出て行く自分がが恐ろしいです。

更に、研究がきちんと鍛えられなかった分臨床能力に期待、という訳でもなく、どちらも中途半端なので、全く使い物になりません。

臨床のトレーニングを実習や研修先でみっちり受けられるような機会が誰でも得られればいいなと思っております。理想として。

長々失礼致しました。
tanuki #lVjAIwTo|2006/03/10(金) 05:44 [ 編集 ]

まだ若い!
 tanukiさま

 コメントありがとうございます。

>という部分を今、とても実感しています。大学院に入ったものの、大した修論でもないのに、修了出来ることになっています。

 私の記事を読まれてこう書かれたのですね。「大した」という基準は難しい感じがします。とりあえず、「問題(目的)」→「方法」→「結果」→「考察」が論理的に流れているものであればよいのではないかと思います。できれば投稿して載るくらいのが「大した」なんのかもしれませんが。そうなると私も人のことを言えたもんじゃありません(ぐはぁ)。

>大学院生として(自分を棚に上げて)言うならば、指導が不十分であるように思います。私としては「適当な修論」程度の能力のまま、社会に出て行く自分がが恐ろしいです

 気持ちは分かりますし、現在の大学院の現状では本当に「パルプンテ」のような指導をしているところも見ています。こういったことが起きないような質の高い教育の提供が重要ですね。また、学生としては「自分の求めるもの」を明確にして、それに答えてくれる指導者を選べるといいですよね。

>全く使い物になりません

 初心者で「使い物」になるのはとても難しいです。ぜひ私も含めて使い物になっていきましょう!指定校を修了なさる(?)のだと思いますので、ぜひ日本の臨床心理士の質の向上に向けてがんばっていきましょう。

>臨床のトレーニングを実習や研修先でみっちり受けられるような機会が誰でも得られればいいなと思っております。理想として。

 このあたり、「求めよ、さらば開かれん」だと思います。各地でワークショップや研修会などはお金を払えば受けられます。自らバシバシ求めていこうじゃありませんか!

 哀愁が漂う印象を受けました…
悔しいかな、大学院を自分なりに調べても、実情があまり分からない場合がありますよね。しかし、だからといって悲観することはないと思います。「本物」と思えるような誰かには出会いましたか?そういう人を話してみる、聞いてみる、真似てみるのも1つかと思います。求めて、求めて、求めてみることが重要かと私は思っています。

>長々失礼致しました。

 とんでもござーせん。
また遊びにきてください。


 
 
ダノン #vqgsHqYA|2006/03/10(金) 23:38 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kokoronashika.blog47.fc2.com/tb.php/16-81c0e478

お勧め本です 

セラピストの仕事―心理面接の技術
セラピストの仕事―心理面接の技術
精神分析という営み―生きた空間をもとめて
精神分析という営み―生きた空間をもとめて
Cognitive Behavior Therapy for Psychosis: Theory and Practice (The Wiley Series in Clinical Psychology)
Cognitive Behavior Therapy for Psychosis: Theory and Practice (The Wiley Series in Clinical Psychology)
妄想はどのようにして立ち上がるか
妄想はどのようにして立ち上がるか

Blog Ranking  

人気blogランキングへ

いけてるブログ・HP 

臨床心理学・精神医学 

臨床心理学・精神医学


こころの治療薬ハンドブック


精神科面接マニュアル 第2版

予診とるならこんな本


自傷行為―実証的研究と治療指針


臨床面接のすすめ方―初心者のための13章

基本をおさえましょう

精神分析系 

精神分析系


ころんで学ぶ心理療法―初心者のための逆転移入門

イニシャルケースは成功するって?


精神療法家の仕事―面接と面接者

臨床家のメンタルヘルス…


セラピストの仕事―心理面接の技術

まず読むべしです。必ず役立ちます!


心理療法家の言葉の技術―治療的なコミュニケーションをひらく

これは、いいぜ。「言葉」一つで効果的な介入になるか、はたまた抵抗を強めるか

発達障害系 

発達障害関係


高機能自閉症・アスペルガー症候群入門―正しい理解と対応のために




少年A 矯正2500日全記録

心理専門書ではありませんが


軽度発達障害の心理アセスメント―WISC‐3の上手な利用と事例


LDラベルを貼らないで!―学習困難児の可能性

診断・尺度・アセスメント 

診断・尺度・アセスメント


カプラン臨床精神医学テキストDSM‐IV‐TR診断基準の臨床への展開


DSM‐IV‐TRケースブック


DSM‐IV‐TRケースブック「治療編」


心理測定尺度集〈1〉―人間の内面を探る“自己・個人内過程”


心理測定尺度集〈2〉人間と社会のつながりをとらえる“対人関係・価値観”


心理測定尺度集 (3)

ブリーフセラピー・家族療法・システムズ・ 

ブリーフセラピー・家族療法・システムズ・アプローチ


家族内パラドックス


よくわかる!短期療法ガイドブック


事例で学ぶ家族療法・短期療法・物語療法


セラピーをスリムにする!―ブリーフセラピー入門


物語としての家族

読んでらっせー 研究 

統計・研究


数学が苦手な人のための多変量解析ガイド―調査データのまとめかた

これは本当におすすめ!


臨床心理・精神医学のためのSPSSによる統計処理

さぁ使ってみようSPSS


すぐわかる統計用語

あぁ?と思ったら読んでみるといいですよ


グラフィカル多変量解析―AMOS、EQS、CALISによる 目で見る共分散構造分析

これもAMOS使うときにどうぞ


Q&A 心理データ解析

中レベルからハイレベルに


SPSS完全活用法―共分散構造分析(Amos)によるアンケート処理

AMOS使うときの入力から出力の見方に参考になるなる


誰も教えてくれなかった因子分析―数式が絶対に出てこない因子分析入門

字がちっこくて読みづらいけど内容はvery good!

RSS登録用 

Copyright(C) 2006 こころなしかクリニカル All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。