病院臨床に従事する臨床家「ダノン」が仕事、趣味、心理学全般を味わってみます。 それなりにのんべんだらりと書きますが、なんていうか、こころなしかクリニカル。

お気に入り 

当ブログについて 

#1:誹謗・中傷する内容と管理人が判断したものは削除いたします    

#2:リンクフリーですが、相互リンクしたいで、できれば1コメント残してくださいね。

プロフィール 

≪メール≫            danoneo_oアットyahoo.co.jp      ※アット=@変更で

ダノン

Author:ダノン

お仕事:病院臨床に従事する心理士です。  音楽、酒、フットサル、ダイエットを基本とした生活を送っております。  とりあえず、新車が欲すぃ。

最近の記事+コメント 

最近のコメント

最近のトラックバック 

カレンダー 

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ 

カテゴリー 

ダノンの本棚 

おすすめ MyShop

臨床心理学・精神医学
精神分析系
認知療法・認知行動療法
発達障害関係
診断・尺度・アセスメント
ブリーフセラピー・家族療法・システムズ・アプローチ
統計・研究
 by G-Tools

認知療法・認知行動療法 

認知療法・認知行動療法


認知療法・認知行動療法カウンセリング初級ワークショップ―CBTカウンセリング

いやはや、あっぱれです。CBTを知らずに語ることなかれ。


DVD 認知療法・認知行動療法カウンセリング 初級ワークショップ


認知療法・認知行動療法面接の実際[DVD]

高い…けどいいよ


認知療法実践ガイド基礎から応用まで―ジュディス・ベックの認知療法テキスト

分厚い…でも分かりやすい!


認知行動アプローチと臨床心理学―イギリスに学んだこと

最近のイギリスの動向をしっかり掴みましょう。


統合失調症の認知行動療法

「症状」に注目した認知行動療法の功績


エビデンス臨床心理学―認知行動理論の最前線

認知行動療法を学ぶならこのテキストは必需品


子どもと若者のための認知行動療法ワークブック―上手に考え、気分はスッキリ

分かりやすいが、認知行動療法の体系を知ってからの方がよいのでは

心理臨床本(尼存) 

カウンター 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

 

 おしさしビリーです、ヴィクトリー!!

 ブートキャンプに乗り遅れ、もはや入隊する気もなくなっているダノンです。

 久々に本紹介。

 ドン!

精神療法の工夫と楽しみ
精神療法の工夫と楽しみ原田 誠一

金剛出版 2008-02
売り上げランキング : 16448


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
 この本なんですが、結構楽しみにしていて、予約して買っちゃいました。



 私にとって、臨床に関して“楽しみ”をタイトルに使った本て少ないように思うんです。臨床を“楽しむ”とはあまり良い意味に捉えられなかったからでしょうか。。。

 私は今まで臨床経験がそれほどあるえわけではなく、現在、日々積み重ねていっているところです。そんな私が院時代からずっと抱えている思いがありました。

 院はトレーニングの期間ということやまぁ私の指導者の特性ということもあってか、“楽しみ”などということは全く感じませんでした。それよりも“苦しみ”がほぼ100%に近いような日々でした。その中で、“臨床家は臨床の中に何を見出すんだろう。楽しくないんだろうか。楽しくないようなことを毎日繰り返すことってどうなんだろう”と私なりに考えていました。

 現場に出て、様々な臨床家に会い、その臨床を身近に見ることで様々な臨床が様々な臨床の形を持っていることを知り、幅が広がりました。私に影響を与えたのは一人のユング心理学を専門とする精神科医でした。彼は非常に楽しそうに臨床に取り組んでいました。いい加減ではないし、とても真剣に臨床をするのだけど、その中に楽しみを見出す名人でもありました。彼の話を聞くと、臨床という行為がいかに深みのある、また様々な思いが交差し、織り成す行為なんだろうとため息が出るようでした。

 私は臨床という営みがつまならないものであるなら、それは臨床としても不毛だと考えます。なぜなら、楽しみを見出せるセラピストでなければクライエントの可能性を引き出せないと思うからです。ちなみにここでいう“楽しみ”とはそれぞれのセラピストによって定義されるものだと思います。目の前で行われることに好奇心を持ち、発見と驚きを見出すことが私にとっての楽しみなのですが、それがなくなったら臨床はCPにとってもクライエントにとっても援助的ではないのではないかと思います。

 そこで本の話に戻ります。

 この本は基本的にDr向けのものなので、お薬に関することなどもたぶんに出てきますが、心理士が読んでも非常に面白い本だと思います。特に前半部が私ととしては興味深く、“共感のダイナミクス”あたりはとても実際的だと思います。この部分は以前に文献に載ったものをまとめたものなんですが、本ブログに書き込みをしてくださった方が関わっていて、文献を紹介していただいたのですでに知っていました。それでも改めて勉強になりました。

 臨床という行為が楽しく、好奇心をくすぐるものであるためにとてもよい一冊だと思います。すべては臨床家の視点た態度、スタンスにかかっていると思います。

スポンサーサイト
2008/02/17 22:13|本紹介TB:0CM:2

コメント

はじめまして♪
おおっ!こんな本があったとは。人がどんな工夫をしてるのか気になります。私自身は精神科医ですが、周囲はそれほど精神療法にこだわることがないもの。私としても「自分なり」ではなく、ちゃんと本で勉強すべきかな……
精神療法って、結構楽しいもの。日頃、時間をかけてはできませんが、短い時間だからこそ濃密にしなければ……
satoru #wjAoP.n.|2008/03/15(土) 15:00 [ 編集 ]

書き込みありがとうございます
 はじめまして、書き込みありがとうございます。

 何かこの本が気になられたようですね。この本の作者である原田氏はエビデンスを重要視しながらも、統計的に効果を算出できないような非常に緻密な臨床をされている神田川氏などの技法も取り入れている方で、バランスのよさを感じます。

 精神科医の方々は限られた時間の中で自分なりの臨床を作られてきているのだと思います。satoruさんも例外ではないと思います。この本ではやや入門的な部分もありますが、何か次につながる一冊になるのではないかと思います。お勧めです。

 satoruさんが限られた面接の時間を大切にされているのが伝わってきます。そういった臨床家の姿勢って患者さんに伝わるものですよね。satoruさんの目指す濃密な時間が患者さんにとっても、satoruさんにとっても多く得られることを応援しています。
ダノン #vqgsHqYA|2008/03/18(火) 07:20 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kokoronashika.blog47.fc2.com/tb.php/143-ec7f7b53

お勧め本です 

セラピストの仕事―心理面接の技術
セラピストの仕事―心理面接の技術
精神分析という営み―生きた空間をもとめて
精神分析という営み―生きた空間をもとめて
Cognitive Behavior Therapy for Psychosis: Theory and Practice (The Wiley Series in Clinical Psychology)
Cognitive Behavior Therapy for Psychosis: Theory and Practice (The Wiley Series in Clinical Psychology)
妄想はどのようにして立ち上がるか
妄想はどのようにして立ち上がるか

Blog Ranking  

人気blogランキングへ

いけてるブログ・HP 

臨床心理学・精神医学 

臨床心理学・精神医学


こころの治療薬ハンドブック


精神科面接マニュアル 第2版

予診とるならこんな本


自傷行為―実証的研究と治療指針


臨床面接のすすめ方―初心者のための13章

基本をおさえましょう

精神分析系 

精神分析系


ころんで学ぶ心理療法―初心者のための逆転移入門

イニシャルケースは成功するって?


精神療法家の仕事―面接と面接者

臨床家のメンタルヘルス…


セラピストの仕事―心理面接の技術

まず読むべしです。必ず役立ちます!


心理療法家の言葉の技術―治療的なコミュニケーションをひらく

これは、いいぜ。「言葉」一つで効果的な介入になるか、はたまた抵抗を強めるか

発達障害系 

発達障害関係


高機能自閉症・アスペルガー症候群入門―正しい理解と対応のために




少年A 矯正2500日全記録

心理専門書ではありませんが


軽度発達障害の心理アセスメント―WISC‐3の上手な利用と事例


LDラベルを貼らないで!―学習困難児の可能性

診断・尺度・アセスメント 

診断・尺度・アセスメント


カプラン臨床精神医学テキストDSM‐IV‐TR診断基準の臨床への展開


DSM‐IV‐TRケースブック


DSM‐IV‐TRケースブック「治療編」


心理測定尺度集〈1〉―人間の内面を探る“自己・個人内過程”


心理測定尺度集〈2〉人間と社会のつながりをとらえる“対人関係・価値観”


心理測定尺度集 (3)

ブリーフセラピー・家族療法・システムズ・ 

ブリーフセラピー・家族療法・システムズ・アプローチ


家族内パラドックス


よくわかる!短期療法ガイドブック


事例で学ぶ家族療法・短期療法・物語療法


セラピーをスリムにする!―ブリーフセラピー入門


物語としての家族

読んでらっせー 研究 

統計・研究


数学が苦手な人のための多変量解析ガイド―調査データのまとめかた

これは本当におすすめ!


臨床心理・精神医学のためのSPSSによる統計処理

さぁ使ってみようSPSS


すぐわかる統計用語

あぁ?と思ったら読んでみるといいですよ


グラフィカル多変量解析―AMOS、EQS、CALISによる 目で見る共分散構造分析

これもAMOS使うときにどうぞ


Q&A 心理データ解析

中レベルからハイレベルに


SPSS完全活用法―共分散構造分析(Amos)によるアンケート処理

AMOS使うときの入力から出力の見方に参考になるなる


誰も教えてくれなかった因子分析―数式が絶対に出てこない因子分析入門

字がちっこくて読みづらいけど内容はvery good!

RSS登録用 

Copyright(C) 2006 こころなしかクリニカル All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。