病院臨床に従事する臨床家「ダノン」が仕事、趣味、心理学全般を味わってみます。 それなりにのんべんだらりと書きますが、なんていうか、こころなしかクリニカル。

お気に入り 

当ブログについて 

#1:誹謗・中傷する内容と管理人が判断したものは削除いたします    

#2:リンクフリーですが、相互リンクしたいで、できれば1コメント残してくださいね。

プロフィール 

≪メール≫            danoneo_oアットyahoo.co.jp      ※アット=@変更で

ダノン

Author:ダノン

お仕事:病院臨床に従事する心理士です。  音楽、酒、フットサル、ダイエットを基本とした生活を送っております。  とりあえず、新車が欲すぃ。

最近の記事+コメント 

最近のコメント

最近のトラックバック 

カレンダー 

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ 

カテゴリー 

ダノンの本棚 

おすすめ MyShop

臨床心理学・精神医学
精神分析系
認知療法・認知行動療法
発達障害関係
診断・尺度・アセスメント
ブリーフセラピー・家族療法・システムズ・アプローチ
統計・研究
 by G-Tools

認知療法・認知行動療法 

認知療法・認知行動療法


認知療法・認知行動療法カウンセリング初級ワークショップ―CBTカウンセリング

いやはや、あっぱれです。CBTを知らずに語ることなかれ。


DVD 認知療法・認知行動療法カウンセリング 初級ワークショップ


認知療法・認知行動療法面接の実際[DVD]

高い…けどいいよ


認知療法実践ガイド基礎から応用まで―ジュディス・ベックの認知療法テキスト

分厚い…でも分かりやすい!


認知行動アプローチと臨床心理学―イギリスに学んだこと

最近のイギリスの動向をしっかり掴みましょう。


統合失調症の認知行動療法

「症状」に注目した認知行動療法の功績


エビデンス臨床心理学―認知行動理論の最前線

認知行動療法を学ぶならこのテキストは必需品


子どもと若者のための認知行動療法ワークブック―上手に考え、気分はスッキリ

分かりやすいが、認知行動療法の体系を知ってからの方がよいのでは

心理臨床本(尼存) 

カウンター 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

 

 久々の更新です。アナコンダ?変わった名前だなぁ。


 いやいや、更新は面倒くさいと思うことが多くてなかなかアップしませんでした。心理系ブログをROMることはあるんですけど、自分で書くのは億劫です。


 それにしても、よく「ブログでの人格」みたいにブログでの自分と現実での自分を別人格のように扱うブログがありますが、あれって怖いなと思うのです。


 だって、ブログを書く自分だって実際の自分の中に統合されているものだと思うんですけど、別人格として一人歩きし始めたら実際の自分とブログでの自分の乖離や遊離が生じるんじゃないでしょうか。自分の人格の一部でしょ?って思うんです。都合よく別人格として書くのってなんなの?と思ってしまいます。


 まぁそれはそうと。




 統合失調症への心理療法が禁忌という時代は終了です。統合失調症の方に対する心理療法の貢献は十分に可能になってきています。


 こんなのとか












統合失調症の認知行動療法
統合失調症の認知行動療法 デイヴィッド・G. キングドン ダグラス ターキングトン David G. Kingdon

日本評論社 2002-10
売り上げランキング : 230659

おすすめ平均 star
star統合失調症の人へのはたらきかけの動機付けが高まる

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 こんなの。












症例から学ぶ統合失調症の認知行動療法
症例から学ぶ統合失調症の認知行動療法 デイヴィッド・キングドン ダグラス・ターキングトン 岩佐 光章

日本評論社 2007-03
売り上げランキング : 86585


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 それと、こんなので基礎的なことを学んだり、












幻聴と妄想の認知臨床心理学―精神疾患への症状別アプローチ
幻聴と妄想の認知臨床心理学―精神疾患への症状別アプローチ 石垣 琢麿

東京大学出版会 2001-01
売り上げランキング : 300716


Amazonで詳しく見る
by G-Tools











統合失調症―基礎から臨床への架け橋
統合失調症―基礎から臨床への架け橋 マックス バーチウッド クリス ジャクソン Max Birchwood

東京大学出版会 2006-07
売り上げランキング : 301323


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 こんなので海外の動向を知ったり。












認知行動アプローチと臨床心理学―イギリスに学んだこと
認知行動アプローチと臨床心理学―イギリスに学んだこと 丹野 義彦

金剛出版 2006-05
売り上げランキング : 160483


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 さらにはこんなのは読み物としても面白く、












妄想はどのようにして立ち上がるか
妄想はどのようにして立ち上がるか P. ガレティ D. ヘムズレイ Philippa A. Garety

ミネルヴァ書房 2006-06
売り上げランキング : 382740


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 こんなのは介入の具体的なやりとりがわかります。












認知行動療法の臨床ワークショップ―サルコフスキスとバーチウッドの面接技法
認知行動療法の臨床ワークショップ―サルコフスキスとバーチウッドの面接技法 丹野 義彦

金子書房 2002-09
売り上げランキング : 260539


Amazonで詳しく見る
by G-Tools











認知行動療法の臨床ワークショップ〈2〉アーサー&クリスティン・ネズとガレティの面接技法
認知行動療法の臨床ワークショップ〈2〉アーサー&クリスティン・ネズとガレティの面接技法 丹野 義彦 長谷川 寿一 久保木 富房

金子書房 2004-07
売り上げランキング : 313544


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 今日はパート1です。そのうちパート2を書きます。


スポンサーサイト
2007/05/29 22:13|本紹介TB:0CM:2

コメント

お久しぶりです(*- -)
ご無沙汰しております。とみゃーです。久々にダノンさんのブログを拝見しましたら更新再開&興味深いエントリだったので、コメントさせていただきました。
私個人としては「妄想と幻聴の~」と「妄想はどのように~」の二冊を読みました。個人的には前者が特に読みやすかったです。妄想的観念を測定する尺度なんかも丁寧に紹介されていて、卒論の際には大変お世話になりました。。。
修論でも認知行動療法を扱おうという方向は変わっていないので、また色々参考にさせていただきたいと思います(*- -)(*_ _)ペコリ

ちなみに、今年の認知療法学会では私も伊藤先生のワークショップに参加することにしました。ダノンさんのエントリを拝読しつつ、べんきょうさせていただきたいと思います。
とみゃー。 #-|2007/06/19(火) 21:45 [ 編集 ]

おしさしぶりです。
 とみゃー。さんコメありがとうございます。お元気ですか?

 学部時代から上記の本を読んでいたとは!勉強なさってますね。私の学部時代と比べると…。

 石垣先生の著書は非常に新しく、そしてわかりやすく、刺激的なものでした。精神病患者への認知行動療法を実践(研究)する(したい)人に限らず、病院臨床に就く人にはこの発想(アナログ的発想)をぜひとも知って欲しいと思います。

 認知行動療法学会ですか…私はまだ職場の先生方と話し合っていないので日程的に行けるかどうか。行きたいなぁ。とりあえず、ブリーフセラピー学会には行きますけどね。

 学会に行かれたらぜひ感想を教えてくださいね。

 ブログは細々やっていきますので、今後ともよろしくお願いいたします。
ダノン #vqgsHqYA|2007/06/24(日) 21:39 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kokoronashika.blog47.fc2.com/tb.php/128-9a16cfe4

お勧め本です 

セラピストの仕事―心理面接の技術
セラピストの仕事―心理面接の技術
精神分析という営み―生きた空間をもとめて
精神分析という営み―生きた空間をもとめて
Cognitive Behavior Therapy for Psychosis: Theory and Practice (The Wiley Series in Clinical Psychology)
Cognitive Behavior Therapy for Psychosis: Theory and Practice (The Wiley Series in Clinical Psychology)
妄想はどのようにして立ち上がるか
妄想はどのようにして立ち上がるか

Blog Ranking  

人気blogランキングへ

いけてるブログ・HP 

臨床心理学・精神医学 

臨床心理学・精神医学


こころの治療薬ハンドブック


精神科面接マニュアル 第2版

予診とるならこんな本


自傷行為―実証的研究と治療指針


臨床面接のすすめ方―初心者のための13章

基本をおさえましょう

精神分析系 

精神分析系


ころんで学ぶ心理療法―初心者のための逆転移入門

イニシャルケースは成功するって?


精神療法家の仕事―面接と面接者

臨床家のメンタルヘルス…


セラピストの仕事―心理面接の技術

まず読むべしです。必ず役立ちます!


心理療法家の言葉の技術―治療的なコミュニケーションをひらく

これは、いいぜ。「言葉」一つで効果的な介入になるか、はたまた抵抗を強めるか

発達障害系 

発達障害関係


高機能自閉症・アスペルガー症候群入門―正しい理解と対応のために




少年A 矯正2500日全記録

心理専門書ではありませんが


軽度発達障害の心理アセスメント―WISC‐3の上手な利用と事例


LDラベルを貼らないで!―学習困難児の可能性

診断・尺度・アセスメント 

診断・尺度・アセスメント


カプラン臨床精神医学テキストDSM‐IV‐TR診断基準の臨床への展開


DSM‐IV‐TRケースブック


DSM‐IV‐TRケースブック「治療編」


心理測定尺度集〈1〉―人間の内面を探る“自己・個人内過程”


心理測定尺度集〈2〉人間と社会のつながりをとらえる“対人関係・価値観”


心理測定尺度集 (3)

ブリーフセラピー・家族療法・システムズ・ 

ブリーフセラピー・家族療法・システムズ・アプローチ


家族内パラドックス


よくわかる!短期療法ガイドブック


事例で学ぶ家族療法・短期療法・物語療法


セラピーをスリムにする!―ブリーフセラピー入門


物語としての家族

読んでらっせー 研究 

統計・研究


数学が苦手な人のための多変量解析ガイド―調査データのまとめかた

これは本当におすすめ!


臨床心理・精神医学のためのSPSSによる統計処理

さぁ使ってみようSPSS


すぐわかる統計用語

あぁ?と思ったら読んでみるといいですよ


グラフィカル多変量解析―AMOS、EQS、CALISによる 目で見る共分散構造分析

これもAMOS使うときにどうぞ


Q&A 心理データ解析

中レベルからハイレベルに


SPSS完全活用法―共分散構造分析(Amos)によるアンケート処理

AMOS使うときの入力から出力の見方に参考になるなる


誰も教えてくれなかった因子分析―数式が絶対に出てこない因子分析入門

字がちっこくて読みづらいけど内容はvery good!

RSS登録用 

Copyright(C) 2006 こころなしかクリニカル All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。